ダイヤの指輪を買うのにローンを組んだ

私がOLのころは、結婚で会社をやめていく女性社員が多かったです。そのころの婚約指輪の値段は、給料の3ヶ月分とかいうキャッチコピーがあって、彼氏から給料の3ヶ月分の婚約指輪をもらっている同期の子もいました。その婚約指輪を見たときに、凄くダイヤモンドが大きいなと思いました。

私も婚約指輪をもらうときは大きなダイヤモンドがほしいなと思ってしまったんです。でも同期の知人を紹介されて、付き合って婚約しましたが、婚約指輪のダイヤモンドが凄く小さかったので、ショックを受けてしまったのでした。

そのときは、婚約指輪の予算を相手に言われてしまっていましたので、0.2カラットのダイヤモンドしか買うことができませんでした。でも旦那の弟が4年後に婚約したときに、かなり大きなダイヤモンドの婚約指輪をあげたことを知ってそのときに、自分で1カラットのダイヤモンドの指輪を買いたいと思うようになりました。

近所にあるジュエリーショップに行って、現金ではなくローンは組めますかと聞いたのですが、利息がつかないローンを組んでくれたので、凄く助かりました。念願の1カラットのダイヤモンドの指輪を買えて感動しました。その指輪はもう20年ほど普段使いしています。