車を購入する時にローンを組みました

私は車を購入する時に、初めてローンを組みました。一番長い7年ローンにしました。ボーナス払いはなく、毎月同じ金額を払っていくことにしました。7年ローンは月々の支払額は少なかったですが、やはり長かったです。車は2年経った車を購入したので、ローンが終わる時は、9年目に入っていました。それから数年しか乗らなくて、別の車に買い換えました。

車のローンがあると、車検や税金など、その他の維持費も合わせて経費がかかるので、非常に大変です。それまでの車は全て、現金で支払っていました。ローンはを組めば、欲しい車がすぐに手に入ります。しかし、その後のことを考えると、やはり車も現金購入が一番良いようです。

世の中には、住宅も現金で購入する人がいます。それまで、一生懸命に住宅資金を貯めているようです。普通の人は、頭金を貯めるのが精いっぱいです。全て現金主義の人は、やはり考え方が違うようです。私も今後はなるべく現金主義でいきたいと思っています。

大きな買い物は、ローンが当たり前と思わずに、お金を貯めて買う、というスタンスでいきたいと思います。そのほうが欲しいものが手に入るまで、楽しく待っていられるような気がします。お金の使い方の価値観を変えていきたいですね。

FXで借りたお金を運用するのは骨が折れる。

FX取引をしていてもうかなり経ちまして、利益もそれなりに安定して出ているのでもう少し元金を増やせないかな?と思いました。丁度友達にちょっとお金の運用に困った分があると言うので50万円程借りて運用する事にしました。

でもちょっと貸してよ、なんて気軽な感じで言った訳ではありません。向こうも運用の事はそれなりに知っていますし、話し合った上での借り入れでした。証書も書きましたよちゃんと。まぁいつも通りやれば問題ない、と楽観的だったのですが、考えてみれば人のお金を使うのは初めてで最初のエントリーはかなり緊張しました。

しかも調子の下がっている時だったので、かなり辛い時間だったんですよね。当然FXは負ける事もある訳ですが、負けるとこれだけ損させてしまったとか金額で考え出したりすると思うようにエントリー出来なかったりします。結局2週間ぐらいはそんな感じで、友達に話したら、最悪全部失くしても平気だから、と笑っていたので、それから少し調子を戻せました。

お金はお金だよ、と思ってはいましたが、他人のお金だと言うだけでプレッシャーは凄いモノがあります。改めてプロの人達は凄いナぁと思いました。問題の無い方法なら借りて運用して成績を伸ばすのもアリですが、自分の運用とは話が違う、と言うのは知って置いた方が良いですね。スキルアップにもなったとは思いますけれど。

大所帯のサークルにいたのが借金の理由?

大学時代に100人を超える大所帯のテニスサークルに入っていたせいか、社会人になってから、ちょうど私が結婚適齢期になった頃ですね、サークル連中達の結婚式がかなり続いてしまって、社会人とはいえ安月給の私にはどうしてもお金が必要な時期がありました。

当時は消費者金融は年に20%は利息がかかりました。借りたのは10万円。どうせ数ヵ月で返せる額なので全然心配はしてませんでした。むしろ数ヵ月で返せるんだから利息も全然かからないし、消費者金融って有事の際にはとても便利じゃないかと思いました。

使い方によってはほんとそうですよね。でも翌年もそのまた翌年もサークル連中達の結婚適齢期には変わりないんですね。お察しの通り、その後数年間にわたりサークル連中達が次から次へとおめでたい事に結婚をしたのです。なんとかやりくりをして新たに借金をするのは避けられましたが、最初の借金の返済は当然できずに、たった10万円を完済するのに、5年も掛かってしまいました。

年に利息が2万円でも、5年間で10万円になります。利息だけで10万円ですよ!借りたのは10万円。合計20万円ですね。もしこれが100万円の借金だったらと思うと、とてもじゃありませんが借金地獄から逃れられなかったと思います。今では良い勉強をさせて貰ったと感謝してます。

稼ぐお金と節約のお金

お金は収入と支出があります。私はどちらかというと節約の方が得意なようです。収入は多くはないので何とか増やすことはできないかと思っていますが今のところうまくいっていません。

例えば、起業を考えてその前段階としていろいろな職業の人を集めて組織的に仕事をやろうとしたときに人間関係がこじれてうまくいきませんでした。またインターネットで副業的にアフィリエイトにチャレンジしましたがほとんど収入にはならずに終わってしまいました。

個人で何とか事業を起こそうと思いましたが顧客の目処が立たずに終わっています。一方で少ない収入から節約をしてなんとか生活は成り立っています。正直、ワーキングプア状態だと思いますし、もしかしたら生活保護で暮らしている人よりも少ない収入でやりくりしていると思います。

それでも毎日、自炊することで一日700円ぐらいで十分においしい食事ができていますし、不要なものを一切買わないようになってそれでも困ることはありません。壊れたものを自分で直してまた使えるようになると新しいものを買うよりも満足感があったりします。

しかし経済的には収入がもっとあったほうがいいので今のところ収入をなんとか増やしていくことを目標にしています。

自分内借金だと思ってはいるものの

高額な買い物の場合、たとえば家電の買い替えや子どもの習い事の月謝などで絶対に必要なものなどですが、現金で支払うよりカードで払った方がポイントがついて商品券にかえられるメリットがあるので、カードで払います。

ポイントがたまって商品券をもらったら、それでまた子どもの学用品などを買ったりと、節約街道まっしぐらです。しかし、カード払いというのは正直気が重いのです。金利がつかないから現金で買う場合と出て行く金額は同じですが、翌月に支払いがあるというのがどうしても心に重くのしかかるみたいです。

通帳に残っている残高を思えば決して買えないわけじゃない、心配しなくていいと言い聞かせるけれど心がざわざわとするので、私はやはりニコニコ現金払いのタイプなのかもしれません。先日は子どもの習い事で使う道具、家電などカードで購入しました。

金額が大きかったので翌月一括払いじゃなくボーナス一括を選択しましたが、数ヶ月の間いつも気になってしまっていました。これからは現金か翌月一括のみで生活しようかと思っていますが、クレジットカードを全く使わないというわけにはいきません。やはりポイントでもらえる商品券、図書カードなどは捨てがたいからです。

ダイヤの指輪を買うのにローンを組んだ

私がOLのころは、結婚で会社をやめていく女性社員が多かったです。そのころの婚約指輪の値段は、給料の3ヶ月分とかいうキャッチコピーがあって、彼氏から給料の3ヶ月分の婚約指輪をもらっている同期の子もいました。その婚約指輪を見たときに、凄くダイヤモンドが大きいなと思いました。

私も婚約指輪をもらうときは大きなダイヤモンドがほしいなと思ってしまったんです。でも同期の知人を紹介されて、付き合って婚約しましたが、婚約指輪のダイヤモンドが凄く小さかったので、ショックを受けてしまったのでした。

そのときは、婚約指輪の予算を相手に言われてしまっていましたので、0.2カラットのダイヤモンドしか買うことができませんでした。でも旦那の弟が4年後に婚約したときに、かなり大きなダイヤモンドの婚約指輪をあげたことを知ってそのときに、自分で1カラットのダイヤモンドの指輪を買いたいと思うようになりました。

近所にあるジュエリーショップに行って、現金ではなくローンは組めますかと聞いたのですが、利息がつかないローンを組んでくれたので、凄く助かりました。念願の1カラットのダイヤモンドの指輪を買えて感動しました。その指輪はもう20年ほど普段使いしています。

彼女と他県に引っ越し

彼女と出会ったのは去年の10月でした。その一ヶ月後に引っ越しし、同棲することを決めました。理由は特になく、好奇心といったところです。神奈川県から長野県へ車で荷物を持ち向かったのですが、所持金は8万円。そして長野県のどこを探しても初回料金が10万以上。お互い家をでてから行くとこも帰るとこもなくなってしまいました。万事休すです。

後二万あればなんとかなったかもしれないのに、と後悔しました。車のガソリン代も残りわずかでした。しかたなく漫画喫茶に泊まり、二人合わせてナイトパックで1600円。そして、本当に助かったのがカレーが一人100円だったということです。シャワーも400円で一週間に一回ほどで暮らしました。そして仕事を探しました。ですが、なぜか、神奈川県では当たり前だった日払いの仕事や、即日働ける仕事など、長野にはありませんでした。

こうなったらどこかでお金を借りるしかないと思い、借りれる会社を探しましたが、彼女も私も借金の仕方がよくわからず、もうどうすることもできないという状況でした。そこで、なんとか節約できないかと思い、婚約者を紹介するという程で家族には頼りたくないと思っていましたが、長野県にある祖父祖母のいる家に残りわずかの燃料で向かいました。

やっと家に到着すると、思いがけないことがありました。祖父祖母に彼女を紹介すると、その後、なんと私たちに祖母が祝い金で10万円くれたのです。本当にびっくりしました。そして感謝でいっぱいでした。その後無事に家を借りることができて、そのことがあったからなのか、本当に婚約し、今彼女は妊娠中です。人生ほんとに何があるかわかりません。

続く急な出費に大赤字

今現在、私は無職な為収入がありません。一応貯金はあるので必要なものだけそこからお金を出すようにしています。ですが、収入がないと貯金は減っていく一方なので、なるだけお金を使わないように買うものは吟味しています。本当に必要なのか?

買った後に元は取れそうか?などを考えています。こんな感じなので嗜好品はほぼ買えていません。仕事をしていた頃には色々買って楽しんでいましたが、今ではお金を使う事が軽くストレスに感じられています。そんな感じで過ごす毎日ですが、私がお金を使おうとしなくても勝手に出て行くと言いますか、使わざるを得ない状況がよくあります。

それは、我が家で飼っているペットの怪我や病気です。自分の怪我や病気は市販の薬で治したり、安静にしておけばある程度はなんとかなりますが、動物ともなると市販の薬を試すわけにもいかずお医者さんに連れていくしか術はありません。

飼い主としても一刻も早く症状を和らげてあげたいと思いますから、お金を下ろしてでも病院には連れて行っています。ちなみに、一度にかかる病院代と言うのがこれまた高く、3000円から8000円くらいします。もっと色んな処置をした時には1万円を超える事もしばしば。

何度も病院に通うわけではないので一度の出費でなんとかなるのですが、定期的に通院しなければいけなくなると一気に料金が跳ね上がってしまいます。いくら自分が出費を抑えていても、動物にかかる費用はすごいなと実感します。もっと余裕がほしいところです。